ちはやふる日記


[bicycle] 師走の諏訪湖 2017

2017年12月10日 18:43更新
諏訪湖

天気が良かったので諏訪湖を自転車で一周。

Read more...


[bicycle] 暦の上ではディセンバー♪

2017年12月09日 18:06更新
信州スカイパーク

前日は松本市の平野部も吹雪きました。一夜明けて晴れ間が出たので、いつもの信州スカイパークを自転車で一周!

Read more...


[book] 『僕はロボットごしの君に恋をする』

2017年12月09日 18:41更新
僕はロボットごしの君に恋をする
山田悠介
河出書房新社
¥ 1,080

AIやコミュニケーションロボットが毎日のようにニュースで取り上げられる昨今、面白いテーマの小説だったので手に取りました。

2020年の東京オリンピックという近未来を舞台に、人型ロボットを操る男性がロボット越しの女性に恋をする、という物語でした。極度にIT化された職場の中で男性のごくごく狭い人間関係で物語が進んでいることに違和感を持ちましたが、その狭い世界こそが最後のどんでん返しの伏線となっている仕掛けにしてやられました。^_^;


[cinema] 『はらはらなのか。』

2017年12月05日 21:45更新

たまたま前売り券を購入していたので… と言い訳しつつ、二日連続で、まつもと市民芸術館で開催中の「爆音映画祭in松本」を見に行ってきました。松井玲奈さんのアフタートーク目当てのミーハーです。^_^;

爆音映画祭にぴったりのミュージカル仕立ての映画でした。ふんわりとしたファンタジー映画かな?と想像していましたが、「演じること」、「フィクション」についての苦い現実も描かれていました。

Read more...


[cinema] 『恋する惑星』

2017年12月03日 14:41更新

まつもと市民芸術館で12/1〜3の3日間開催中の「爆音映画祭 in 松本」で懐かしい作品が上映されていたので見に行ってきました。

ウォン・カーウァイ監督 1994年作品の『恋する惑星』。当時のミニシアター・ブームの中で一世を風靡した香港映画です。最近ではミニシアターの数もすっかり減ってしまいましたが、二十数年年前当時は私も映画を見るために、週末、渋谷や銀座まで特急あずさに乗っては通っていました。

日本での本作品のヒットに伴い主演の金城武さんも大ブレイク。日本の民放連ドラにも主演。このとき金城さんの共演者としてAIDSにかかった女子高生というセンセーショナルな役柄を好演して喝采を浴びた新進気鋭の女優さんが深田恭子さん。という懐かしいことも思い出してしまいました。

爆音映画祭での上映といっても、派手な爆破シーンがあるサスペンス映画でも、素敵な音楽が流れるミュージカル映画でもありませんが、中国返還直前の当時の香港の雑踏や生活音が大音量のスピーカーから響いてきて新しい発見がありました。ライターの蓋をカチリと閉める音、金魚の水槽にポンプから送り込まれる泡の音、雨がトタン壁に打ち付ける音、DVDで鑑賞したのでは聞き逃してしまう小さな音がビンビン響いてきました。

しかし時代を感じたのは、空港の発着便を知らせる案内板がフラップ板をパタパタと音をさせながら回転するシーン。やがてはフラップがパタパタと回転して表示が切り替わる案内板も知る世代も少なくなり『ザ・ベストテン』の古いセットでのみ残っていくのでしょうか???



更新

連絡先 (E-Mail)

mail address