ちはやふる日記


『君の膵臓をたべたい』

2017年08月01日 22:33更新
君の膵臓をたべたい (双葉文庫)(住野よる)

小説のタイトルは猟奇的ですが、内容は至って普通のイマドキの高校生の青春物語。クラスの人気者だけれど実は勝気な女の子が、地味で目立たないクラスメートの男の子と、ある秘密を共有することから徐々に関係を深めていく物語です。

主人公の男の子は流されるままの草舟に自らを自虐的に喩えているのですが、少女との交流を通じ、ひとつひとつの伏線を経て、小さな選択の一つ一つがいまのできことと繋がっていることに気づくラストへの物語のはこびかたに、やられたと感じた作品でした。



編集

連絡先 (E-Mail)

mail address